スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

近年の電制は色々考えてるね

こんばんは、もっちぃです。

昨日の続報、というか「解」が出ましたわ~w

なんてことない事で、未熟さ加減を再認識…

でも、仕方ないじゃないか!

俺、普段触ってるのは機械式のものが多いんだもの!w


※以下、大筋でこんな感じ、と読んで貰えると助かります
ギュン…、ギュン…、ピーーの後の話です。

水温99℃、始動不能

取りあえず、30分程放置しましたw

エンジン掛かったらひとっ走りバッテリーに喝入れないとなー、なんて思いつつ

30分後、セルボタンスイッチオン!

キュキュ…、ドドドドドドドドドドドドドド

再始動!

セルの回り方もバッテリー上がった時のソレじゃない…

はい…、この時点で気付きました、全ての原因且つ問題に対する解に


…、あー…、あー……、なるほどね!…


結論を言えば、バッテリー上がりではありませんでしたw(テヘペロ

順序立てて説明していくと


先ず、

Q,アイドリングからエンジン停止

A,水温、その他複合的要素で、オーバーヒートする前にエンジン保護の為の安全装置作動→停止


Q,水温116℃から99℃に下がるまでファン全開回りっぱなし、その後始動不可

A,ファン制御はそもそも100℃以下まで動く、始動不可の原因はバッテリーではなく
第二の安全装置作動である。


Q,第二の安全装置って?

A,水温が99℃、平常域まで下がったがオーバーヒートの危険がある
よって、スグに始動されてはうまくない、との制御。


Q,でもキュ…、キュ…、ピーってセル動いたよね?

A,恐らく正特性サーミスタorそれに類する擬似回路、電子制御に因り
セルに電気は流れるが始動クランキングに十分な電気は行かないようになっていた

A2,完全に電子制御だったら電気自体シャットアウトするだろうから…
となると、やはり正特性サーミスタとかで、ある一定の温度に下がるまでは過大な抵抗が掛かるようになっていたと考えるのが自然か?

A3,だとすると、セルが元気無く回っていたのも頷ける。




はい!解☆決!w


まあ、再始動後ひとっ走りして来ましたがw

回転は6000rpm以下にならないよう…

ファンは作動させないよう…


1速、全☆開

2速、全☆開!
真っ赤な誓い♪
3速、全☆開!!

4速、全☆開!!!
まおう
スターライトブレイカー!!!

取りあえず、当分大丈夫なハズだ!www



上記記述は予想だけど、多分大筋で当ってるはず


ブログ村ランキングに参加してます、ポチると元気百倍!
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
category
雑記

Comment

よかったね・・・

しかし116℃って凄いね
R1000では体験したことないな~

今回も質問です
オイルを5W-40から10w40に変更したら
凄く燃費が悪くなったんだけど
そんなもん?
  • 2012⁄12⁄24(月)
  • 20:01

>KS☆34さん
R1は元々熱容量が厳しいですからね~、追加ラジエターやっても…
ってレベルみたいですよ?w

オイルに因る燃費低下はそんなもんですねw
軽自動車も0-15とか、5-15(正確な数字はうろ覚え)に替えるだけで1~2km/l変わりますから
結局オイルは潤滑の役割と同時に、粘性抵抗にもなるんですよ。
  • 2012⁄12⁄24(月)
  • 20:39

ティロ・フィナーレ!

こんばんは。

最近の電子制御はすごいですね。
GSX-R400はサイドスタンドをかけたまま発進できるので、自分がポカした時に壊れるのではないか不安になりました。
大破して不動になるよりは、フェイルプルーフでエンジンがかからない方がいいですし。

冬の時期はオーバークールが怖いですが、実際に走行中のエンスト等は経験していないので、恐ろしさがわかりません。
  • 2012⁄12⁄25(火)
  • 21:18
  • [edit]

>C4さん
こんなことってないよ!

こんばんは、まあ電子制御と言っても簡単な回路なんですけどね
サイドスタンドは忘れて発進しても、進行方向から後ろに戻るようになっているので
地面に当ってもカツっと戻るだけです、大丈夫です^^b
あと、同義ではありますがクルマ業界的な用途の言葉は安全装置(フェイルセーフ)だったりします。

オーバークールはラジエターにガムテープ貼ったりして冷却面積減らせば良いんですw
始動時はどうしようもないですけど、やはり構造を知ってると焦ることは少なくなりますよ。
  • 2012⁄12⁄25(火)
  • 22:05

久しぶりに覗いたら…とんでもないことになってますね。
物!届きすぎでは。
宝くじ当たれば良いですね。

水温116℃!
こりゃ危ないですね。
でも、【R1】は
オーバーヒート防止の最新装置満載なんですね。

大金でカスタムしてもエンジンぶっ壊れたら台無しなんで、
バイクは大事に乗りましょうね。
  • 2012⁄12⁄26(水)
  • 13:11

>b_life_9Rさん
ヒャッハー!カスタム!止まらない!w
4億は俺の物!

俺も初めて知りましたよ、最近のバイクは偉いなぁ…
116℃は、何より俺が一番ビビリました^^;

冬季はR1を労ろうと思います。
  • 2012⁄12⁄26(水)
  • 19:09

今は電子的に色々制御するんですね
昔「こういうセンサーがあって、こんな風に制御できたらいいな~」
なんて考えていたことはたいがい実現してますね
その分壊れた時原因究明が大変になるんですがw

バッテリー軽量化計画は無しか~w残念www
  • 2012⁄12⁄27(木)
  • 17:49

>TREKさん
細かな制御が高出力の車体を支えているんでしょうね
原因究明は箇所が解るのが早くなったんですけど
配線とかの不具合が合わさると色々とめんどくさくなるんですよ…
センサー不良って出ても、実際はアース不良とか…

軽量化は、まあ遠からずやりますよ!w
  • 2012⁄12⁄27(木)
  • 20:31

Trackback

http://busaorange.blog136.fc2.com/tb.php/222-dc460649

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。