スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

隼のパワーウェイトレシオについて妄想してみる

こんばんは、もっちぃです。

普段から色々隼について試行錯誤妄想しているのですが、今回はパワーウェイトレシオについて考えてみた

一応おさらいとして、パワーウェイトレシオとは…

車重÷馬力で出る数字で、この数字が0に近ければ近い程ぶっ飛んだバイクであるという事w

実際には「乾燥重量÷カタログスペックの馬力」という計算になります。

隼(二代目)の乾燥重量は220㎏、馬力は197馬力

220÷197=1.1167513、パワーウェイトレシオは約1.116

も「切りが悪くね?(^ω^)」ww

と言うわけで、隼でパワーウェイトレシオ1を目指してみた(脳内で)

馬力197は変えようがないので、乾燥重量220を-23㎏に出来れば1になりますな^^;

まず、現状のマフラー
ソニック
純正が21.4㎏、アールズギア・ソニックシングルが5.7㎏、よって15.7㎏の軽量化

残り7.3㎏…

確かタンデムグリップを外して、シングルシートカウルを着けると-1.2㎏なので

残り6.1㎏…

隼純正タイヤはブリヂストンのBT-015で、私の隼はミシュランのパイロットロード2

以前調べたのですが、ミシュランのタイヤって、BSと比べて前後合わせて1㎏強軽いらしい

私が実際に測った訳ではないのですが、ミシュランのタイヤは軽さを売りにしているので

重量は兎も角、軽いという点に於いては信頼出来るのかなと思います。

大雑把に-1.1㎏として

残り5kg…、苦しいwww色々な意味で

これ以上の軽量化だと、ホイール、サス、ブレーキシステムくらいなものなんですが

これらを導入するとなると、全部で5㎏も軽量化出来ない上に、50諭吉はくだらないという!

もっちぃの財布ではムリな金額となります…

そこで、目をつけたのがラムエアーシステム

隼にもラムエアーシステム着いているはずなのですが

メーカー公表値ではラムエアー加圧時の馬力が書いてないんですよね

ライバル車であるカワサキZZR1400ですと、193馬力、ラムエアー加圧時203馬力と書かれているのですが

そこの所、どうしてなんでしょうかね?

とりあえず丼勘定でいくと、

互角の性能を持つZZR1400で加圧10馬力なら隼も加圧10馬力じゃね?とかw

197+10=207馬力、先程までの乾燥重量が202㎏なのでレシオ1切ったな!orz

何が言いたい貴様、とか突っ込まれそうなんですが

車、バイク好きは必ずやると思うんだ…

アレ着けて、コレ着けて、と悦に入る時間というものが…

まあ、最後の方がグデグデでアレな感じなんですけど

真面目な話、エアクリ替えて、インジェクションコントローラーで燃調合わせると普通に数馬力上がるから

ラムエアー理論は放っておいて、コチラのほうが現実的だったりする。

結局の所、隼のラムエアーどれくらい効いてるのか解らないという謎だけが残った…
スポンサーサイト
category
雑記

Comment

ZZRは198もないですよ
加圧なしで193です
  • 2012⁄10⁄30(火)
  • 22:04

>あさん
失礼、193、加圧203でしたね。
  • 2012⁄10⁄30(火)
  • 22:15

Trackback

http://busaorange.blog136.fc2.com/tb.php/33-eb3399ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。